「ヨコハマメリー」中村高寛監督 舞台挨拶予定!

【4/17(土)11:45上映後、舞台挨拶予定】

■ご登壇者:中村高寛監督

◆料金:通常料金
※招待券、前売券、各種割引サービスご利用いただけます

中村高寛監督 プロフィール
(なかむらたかゆき)
1975年生まれ。99年、中国・北京電影学院に留学し、映画演出、ドキュメンタリー理論などを学ぶ。帰国後、在日中国人監督である李纓に師事し、映画『味』(03) 、『靖国 YASUKUNI』(08) などの助監督を務める。06年に本作『ヨコハマメリー』で監督デビュー。横浜文化賞芸術奨励賞、神奈川文化賞未来賞、文化庁記録映画部門優秀賞、ヨコハマ映画祭新人監督賞・審査員特別賞、藤本賞新人賞など11個の賞を受賞した。またテレビ朝日テレメンタリー『横浜秘史 ハマの鹿鳴館の変遷』(06) 、報道発ドキュメンタリ宣言『OH!パンダフル』(09) 、NHKハイビジョン特集『終わりなきファイト』(10) などテレビドキュメンタリーも多数手掛けている。17年には11年振りとなる映画『禅と骨』が劇場公開、ノンフィクション『ヨコハマメリー かつて白化粧の娼婦がいた』(河出書房新社) が上梓された。現在、東北芸術工科大学デザイン工学部:映像学科の准教授も務めている

 

「ヨコハマメリー」公式ホームページは、こちらから!

当館作品紹介ページは、こちらから!