スワンソング

上映スケジュール

上映期間:2022/10/08(土)〜2022/10/21(金)

料金

予告編

解説

スワンソング――。白鳥の歌。

白鳥がこの世を去る際に、最も美しい声で歌うとされる伝説から生まれた、この言葉。芸術や匠の技に身を捧げた者たちが、人生の最後に残した作品、最後のパフォーマンス、つまり有終の美が「スワンソング」と表現される――。

誰もが向き合う人生最後の決断を胸に、白鳥は飛び立てるのか?勇気や愛に後押しされ、人は人生を歩み続ける――。

オハイオ州の小さな町、サンダスキーの老人ホーム。パトリック・ピッツェンバーガー(ウド・キアー)は、静かな余生を送っていた。ホームの職員から何か注意を受けても聞き流し、日課といえば食堂の紙ナプキンを自室に持ち帰り、丁寧に折り直すことくらい。しかしパトリックの心には過去の思い出がつねに去来していた。ヘアメイクドレッサーだった彼のサロンは街でも大人気。「ミスター・パット」と呼ばれ、顧客から愛されていたこと。そして愛する恋人デビッドとの生活と、早くに彼を失ったこと……。

そんなパットを、ある日、弁護士のシャンロック(トム・ブルーム)が訪ねて来る。かつてのパットの顧客で、街でも一番の金持ちであったリタ・パーカー・スローン(リンダ・エヴァンス)が亡くなったというのだ。リタは「死化粧はパットに頼んでほしい」と遺言に残していた。シャンロックによると、その報酬は2万5000ドルだという。驚くパットだが、リタへの複雑な思いや、すでに現役を引退した現実から、「ぶざまな髪で彼女を葬って」と言い捨て、申し出を断ってしまう。

しかしパットはリタの遺言に動揺を隠せない。思い出の写真やジュエリーなどを久しぶりに手に取って眺めるうちに、輝いていた時間に思いを馳せる。そして同じホームに暮らす女性の髪を美しくセットし、自分の腕が衰えていないことにも気づく。本能に突き動かされるように、パットは老人ホームを抜け出すのだった。

© 2021 Swan Song Film LLC

スタッフ

監督:トッド・スティーブンス

キャスト

ウド・キアー、ジェニファー・クーリッジ、マイケル・ユーリー、リンダ・エヴァンス

作品データ

原題 SWAN SONG
制作年 2021年
制作国 アメリカ
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間 105分
映倫区分 G
公式サイト https://swansong-movie.jp/#