エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版

10/16(土)~10/22(金)上映プログラム:A、B、C

10/23(土)~10/29(金)上映プログラム:D、E、F

Aプログラム:『モンソーのパン屋の女の子』『シュザンヌの生き方』『ベレニス』

Bプログラム:『コレクションする女』『パリのナジャ』

Cプログラム:『モード家の一夜』『紹介、またはシャルロットとステーキ』

Dプログラム:『クレールの膝』『ある現代の女学生』

Eプログラム:『愛の昼下がり』『ヴェロニクと怠慢な生徒』

Fプログラム:『獅子座』『モンフォーコンの農婦』

上映スケジュール

上映期間:2021/10/16(土)〜2021/10/29(金)

料金

解説

優柔不断で、内向的で、自意識過剰な男たち。
奔放で、意地っぱりで、あっけらかんとした女たち。
パリの街角で、南仏のリゾートで、湖畔の避暑地で、男と女はすれ違い、恋をする。

 

滑稽であるがゆえに貴く、凡庸であると同時に美しい、男と女の恋模様。のちに、80年代の〈喜劇と格言劇〉シリーズ、90年代の〈四季の物語〉シリーズへと成熟してゆく巨匠エリック・ロメールが、構想10年をかけ、いちばん最初に作りあげた連作が本特集〈六つの教訓話〉です。ふたりの魅力的な女性のあいだで翻弄されながら、運命の愛を求め、ひとりよがりの夢想と葛藤に思い悩む男たちの可笑しさが、6作品揃いました。

さらに〈六つの教訓話〉シリーズに加え、本特集では、「カイエ・デュ・シネマ」誌に映画批評を寄稿しはじめた頃の若きロメールが、ゴダール、シャブロルらと共に撮った才気あふれる短編6作品も上映いたします。

©Eric Rohmer/LES FILMS DU LOSANGE

スタッフ

監督:エリック・ロメール

キャスト

〈六つの教訓〉シリーズ

・モンソーのパン屋の女の子

La Boulangère de Monceau

撮影:ジャン=ミシェル・ムリス、ブリュノ・バルべ

製作・出演:バルべ・シュレーデル

1962年/フランス/スタンダード/モノクロ/24分

 

・シュザンヌの生き方

La Carrière de Suzanne

撮影:ダニエル・ラカンブル

出演:カトリーヌ・セー、フィリップ・ブゼン、クリスチャン・シャリエール

1963年/フランス/スタンダード/モノクロ/55分

 

・コレクションする女

La Collectionneuse

撮影:ネストール・アルメンドロス

出演:パトリック・ボーショー、アイデ・ポリトフ、ダニエル・ポムルール

1966年/フランス/スタンダード/イーストマンカラー/87分

 

・モード家の一夜

Ma nuit chez Maud

撮影:ネストール・アルメンドロス

出演:ジャン・ルイ=トランティニャン、フランソワーズ・ファビアン、

マリ=クリスティーヌ・バロー

1969年/フランス/モノクロ/スタンダード/111分

*カンヌ国際映画祭国際カトリック映画事務局賞、

マックス・オフュルス賞、ジョルジュ・メリエス賞 受賞

 

・クレールの膝

Le Genou de Claire

撮影:ネストール・アルメンドロス

出演:ジャン=クロード・ブリアリ、オーロラ・コルニュ、ベアトリス・ロマン

1970年/フランス/スタンダード/カラー/106分

*ルイ・デリュック賞、サン・セバスチャン映画祭グランプリ

 

・愛の昼下がり

L’Amour l’après-midi

撮影:ネストール・アルメンドロス

出演:ベルナール・ヴェルレー、ズズ、フランスワーズ・ヴェルレー

1972年/フランス/スタンダード/カラー/98分

 

劇場初公開! ロメール初期の短篇集

紹介、またはシャルロットとステーキ(51)/ベレニス(54)/ヴェロニクと怠慢な生徒(58)パリのナジャ(64)/ある現代の女子学生(66)/モンフォーコンの農婦(67)

 

・獅子座

Le Signe de Lion

撮影:二コラ・エイエ

出演:ジェス・ハーン、ヴァン・ドゥ―ド、ミシェル・ジラルドン

1959年/フランス/モノクロ/100分

作品データ

制作年 ーーーー
制作国 フランス
配給 コピアポアフィルム
公式サイト https://rohmer-sixcontesmoraux.jp/